Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Easy Auth からグループのクレームを取得する

なんとなく続きます。 /.auth/me を呼び出すと自身のクレームが取得できることは前回に言及したと思いますが、この中には自身が属するグループの情報(クレーム)は含まれていません。Easy Authに限った話ではないのですが。 グループのクレームを取得する Eas…

Easy Auth の Tokenで Graph APIを呼び出す

前回の記事 で Azure Web Apps の Easy Auth 情報をASP.NET Coreで受け取る - Azureの小ネタ (改) の続き的な記事で、Easy Authで受け取ったTokenでGraph APIをたたきたい場合です。 Easy Authで認証すると、X-MS-TOKEN-AAD-ACCESS-TOKEN にToken情報が入…

Azure Web Apps の Easy Auth 情報をASP.NET Coreで受け取る

Azure App Service の Web AppsにはAzure ADで簡単に認証を設定できたりします(Easy Authというらしい)。 Azure App Service での認証と承認 | Microsoft Docs これを使うとアプリ側に認証コード書かなくて済むのと、ASP.NET (Coreじゃない) の場合は、 すべ…

Power BI で ストリーミングデータ

以下のDocsを試したので備忘録 Power BI のリアルタイム ストリーミング - Power BI | Microsoft Docs データセット作成 リアルタイムデータセットを作成しておき、データソースを選択する。APIを選択するとPBI側にデータをPOSTできるAPIが作られます。 デー…

WebJobs/Functions のCron式

WebJobs/FunctionsのCron式の備忘録 以下にCron式について触れられているが申し訳程度。 docs.microsoft.com 以下のCheat Sheetが参考になる。 Azure Functions - Time Trigger (CRON) Cheat Sheet | codehollow 元々は、第N曜日的な実行をしたくて、UNIX系…

WebJobsのスケジュール実行を一時停止する

WebJobs のスケジュール実行を一時的に止めたかったので、調べた結果の備忘録です。 github.com 上記のURLより、Azure WebAppsのアプリ設定から特定の変数を定義することで実現できるようです。 スケジュール実行の一時停止は以下の環境変数に1を定義してお…

WebJobsにデプロイするときMSDeployPublish が見つかりませんでエラーが発生する

ちょっとはまったので備忘録。 Visual Studio の ProjectをPackage Reference形式にしているときに、WebJobsへデプロイしようとすると、MSDeployPublishが見つかりません的なエラーが表示されます。 ググってたら、Issueがありました。 Make WebJobs.Publish…

Azure Batchのリソースファイルをより簡単にアップロードする

前回の記事で、UploadFileToContainer を使って手動でBLOBにリソースファイルをアップロードしていましたが、SDKにそういう機能をもったAPIが定義されていました。 関連するのは以下のクラス IFileStagingProvider FileToStage StagingStorageAccount です。…

Azure BatchでちょっとしたProgramを実行する

Azure Batch でプログラムを実行しようとすると、かつてのクラウドサービスを彷彿とさせるインダイレクト感がします。フレームワークとしてはキチンとしていても、アドホックに挙動を確認したいコードをさくっと実行できなかったり。 というわけでVSから気軽…

Azure Batch に NET 4.7.1をインストールする

Azure Batch にNET 4.7.1を仕込む備忘録。 NET4.7.1を仕込むには、まずインストーラを取得する必要がありますが、既定の状態だとCMDベースでCURLとかが使えないとかちょっと不自由。 Application Package ただ、Azure Batchには、Application Packageと呼ば…

構成ファイルから透過的にKey Vaultへアクセス

前回、前々回では 管理対象サービスID で簡単にKeyValutにアクセスする - Azureの小ネタ (改) 開発環境から簡単にKeyValutにアクセスする - Azureの小ネタ (改) コードベースでKey Vaultにアクセスしましたが、以下のパッケージを使うと構成ファイルから…

.NET CoreのHttpClientで無効な証明書を無視する

下書きに埋もれてたので発掘。よくある自己署名的なサーバーにHttpClientでアクセスする際、無視する話です。 .NET Frameworkでは、ServicePointManager.ServerCertificateValidationCallback を使っていたんですけど、.NET Coreでは効かないです。 以下のst…

開発環境から簡単にKey Vaultにアクセスする

前記事の続き では開発環境からはどうするか?という話。いくつか方法はありますが、 .NET を使用した Azure Key Vault に対するサービス間認証 | Microsoft Docs ここら辺に記述があります。 Visual Studioで VSのAzure Services Authentication Extension …

管理対象サービスID で簡単にAzure Key Vaultにアクセスする

管理対象サービスID 「 Managed Service Identity (MSI)」というのを使うとAzure Key Vaultへのアクセスが簡単になるので、その備忘録。 MSI(インストーラではありません)は、VMやWebAppsなど各種Azure プラットフォーム(VMやWebAppsなど)でサポートして…

CreateDocumentQueryAsync メソッドがない

DocumentDBネタが続きます。 クエリを書いていると、Document自身のCRUD操作は非同期になっているのに、クエリは同期メソッドしか用意されていません。 ということで調べていたらIssueが、以下にあがってました。 github.com 現状まだOpenですね。 static as…

DocumentDBのクエリ制限的なもの

Document DBのクエリ制限は、以下の書かれてます。 azure.microsoft.com 翻訳は以下。 https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro/2015/10/05/azure-documentdb/ ANDは20個まで ORは10個まで JOINは5個まで UDFは2個まで クエリページ毎に取得できるアイ…

DocumentDB の 添付ファイル

添付ファイルを試した時の備忘メモ。 Document作成して、添付作成して、ダウンロードする。 var document = (await client.CreateDocumentAsync(UriFactory.CreateDocumentCollectionUri(DatabaseId, CollectionId), testdoc)).Resource; var pdf = @"C:\tem…

xUnit でテスト順を制御する

筋が悪いことは分かっているのですが、テスト順を制御したい場合がたまにあります。 github.com ここんとこのIssueでも話題になっていました。デフォではサポートされないので、このリンク先のとこのExampleをやってみました。 https://github.com/xunit/sam…

xUnit で共通コンテキストを利用する

私的備忘録。 クラスで共通なコンテキストを扱いたいときは、IClassFixtureを使う。 IDisposableを実装したFixtureクラスを作る。デフォルトコンストラクタで初期化、Disposeで終了処理を記述しとく 利用側では、IClassFixture な形で実装しておくと、 コン…

xUnit 2.0 で コンソール出力

私的備忘録。 xUnit 2.0 でコンソール出力する方法。システムのConsoleとかDebugのWriteLineは使えないのないので、ITestOutputHelper を使います。 以下のようにコンストラクタに定義しておくと適当にインスタンスが渡されてきます。 public class UnitTest…

ASP.NET Core 2.0 で Authorize属性を一時的に無効にする

ASP.NET Core 2.0での備忘録。 開発中に一時的にAuthorize属性を無効にしたいとき、以下でとりあえず無効化されるみたいです。 services.AddMvc(opts => { opts.Filters.Add(new AllowAnonymousFilter()); } ); いろんなところに修正いれるよりは楽そうです…

Azure Storage ファイアウォール

長らくAzure Storageは、キーさえあればアクセス出来てしまって、そこをつつかれる状況が続いていたわけですが、ファイアウォールが導入されました。 docs.microsoft.com 例によってプレビューなんですが、使えるリージョンが決まっており、現時点では日本で…

ASP.NET Core 2.0 で Web APIの認証

ASP.NET Core 2.0 ベースの Web APIで認証をかける方法を知りたかったので、サンプル作って挙動を確認してみたメモ。 最近HDDに埋もれてしまうので、Githubに置くのがよいのかなと思ったり。 m-moris/asp-netcore-jwt-validation 検証 Startup.cs にて、JWT…

自分的な最近のNode事情

分裂したり再統合したり、Nodeの情報が古くなっていたため色々と備忘録 最新 現時点で最新は二つ。 8.1.3 6.11.0 LTS https://nodejs.org/ja/ から入手可能 環境切り替え Windows版は以下から取得可能は、https://github.com/coreybutler/nvm-windows から入…

Bot Framework の Dialog で画像を表示させる

Bot Frameworkのチラ裏メモ。Dialog 中に画像を返したかったので、調べたメモ。 画像そのものじゃなくて、Card(という名のよくあるUI部品)を使えば返せるっぽい。 docs.microsoft.com 説明は端折りますが、いくつかカードの種類があります。 HeroCardとか…

Azure Notebooks (Preview) を使ってみる

Azure Notebooks の Previewが始まっています。前回 の記事で言及した、Jupyter Notebook の クラウド版的なものです。 notebooks.azure.com

Jupyter Notebook で、 CNTKのチュートリアルを実行する。

Jupyter Notebook ってのは、以下です。 jupyter.org 簡単に言うと、ドキュメントやライブコード、可視化などをドキュメント化するため、OSSアプリです。ブラウザを通して実行したりできます。Anaconda Pythonに同梱されています。 Tutorial フォルダにある…

CNTKをマニュアルインストール

前回の記事では、インストールスクリプトを実行してのインストールでしたが、 特に楽なわけでもアドバンテージがあるわけでもなさそうな感じでしたので、マニュアルでインストールしなおしてみました。 statemachine.hatenablog.comhttp://statemachine.hate…

Cognitive Toolkit 2.0 の GA とインストール

Cognitive Toolkit 2.0 が GAしました。各種Docsにインストール方法がありますが、微妙にRC版を指してたりするので、要注意です。備忘録変わりにメモっておきますが、数週間後にはここの情報も古くなると思うので、鵜呑みにしないでください。 GA of Cogniti…

Azure Data Factory コピーウィザード (Preview)

前回に引き続き、Azure Data Factoryのお話。以前はJSONで色々と定義する必要があったようですが、いまはお手軽な対話式のウィザードが公開されてます。 それをつかって、SQL Server → SQL DBをやってみたメモです。今回は同一スキーマの同一名テーブル間だ…