読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

データベースコピーがサポート (SQL Azure Service Update 4 )

こんばんは、statemachineです。某船上イベントのLT資料を提出し終わってほっとしている最中です。Blogの更新もご無沙汰になってしまいました。SQL系は得意ではないのですが、色々分け合ってウォッチしなければならかったりしますんで、メモ代わりに。関連す…

LINQPad で SQL Azureにデータを挿入

お盆休み諸々あって、だいぶ更新が空いてしまいましたが、前回の続きです。SQL Azure Houstonで作成したテーブルにLINQPad経由でデータを挿入してみます。挿入するデータは、郵便番号なデータです。オンプレミスからのデータ挿入となるので、余り大きいと時…

SQL Server Management Studio R2 でSQL Azure向けスクリプト生成

twitterでSSMSを使ったスクリプト生成のつぶやきあったので、その記録。 SSMSでSQL Serverに接続 左ペインのDBを選択し、コンテキストメニューからタスク→スクリプト生成を選択 スクリプト生成ウィザード開始。以下の画面で詳細設定を選択 スクリプト生成の詳細…

SQL Azure Houston でテーブルを作成してみる

SQL Azure Houston CTP1 をもう少し操作してみたので、そのまとめなどです。 今回は、テーブルを作成してみました。次回以降に、LINQPadで郵便番号データダウンロード - 日本郵便なデータを挿入することを目的にしてみます。あ、再度申し上げておきますとSQL…

LINQPadによるSQL Azureの操作

前回の接続に引き続き、今回はLINQ PadによるSQL Azureの操作です。 SQL Azureを操作するツールには、以下がありますが、今回は、それにLINQPadも付け加えておいてくださいというお話。Houstonについては、SQL Azure "Houston" CTP1 を使ってみました - Azur…

LINQPadによるSQL Azureへの接続

久しぶりのLINQPadネタです。 今回は、LINQPadによるSQL Azureへの接続です。現在のLINQPadではSQL Azureへの接続がサポートされています。早速、接続までの手順。左上ペインのAdd Connecionをクリックします。"Build data context automatically" のLINQ to…

SQL Azure "Houston" CTP1 を使ってみました

SiliverlightベースのSQL Azur管理ツールであるHouston CTP1が 提供されていたので、ちょっと使ってみました。URL : http://www.sqlazurelabs.com/houston.aspx 上記のURLにアクセスして、Launch Houstonのリンクをクリック。 ありがちな確認画面が出てくる…