読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

LINQPadによるSQL Azureの操作

SQL Azure LINQPad

前回の接続に引き続き、今回はLINQ PadによるSQL Azureの操作です。
SQL Azureを操作するツールには、以下がありますが、今回は、それにLINQPadも付け加えておいてくださいというお話。Houstonについては、SQL Azure "Houston" CTP1 を使ってみました - Azureの小ネタで簡単に触れております。

(*)はTwitterで突っ込んでいただきました、感謝。
SQL Server Management SudioやLINQPadは、1433番ポートを使ってSQL Azureと通信しますから、企業内で利用するにはFirewallが邪魔して難儀するかもしれません。そういう場合は、Houstonをお試しあれ。あ、最初にゲロっておきますと、私めは業務系アプリ屋さんではないので、SQLならびにADO.NETとか詳しくありません。間違ったことを言っていたらご指摘くださいませ。


LINQPadで、SQL Azureを操作するには、上部の設定を変更します。

  1. Language に SQL を設定
  2. 接続するDatabaseを選択

以下、SQL文を実行したみたサンプル。左ペインにDB名が見えてますが、名前が複数系になっており、SQLで扱う場合は名前が異なるので微妙に注意。

C# Programからも操作することが可能です。以下は、Hogeテーブルを操作する例。Hogesとしてアクセスすることが出来ます。

続くかも。