読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Manement APIの証明書

こんばんは、statemachineです、今回は備忘録として証明書の話。

複数PCからAzureを利用する場合、Visual Studioで証明書を作ると同じ名前(Windows Azure Authentication Certificate)になってよく分からない状況になってきます。フレンドリ名?を付けても、管理ポータルで表示されず、Thumbprintだけが頼り。makercertで、1つの証明書を複数PCで使い回せばいいんですが、面倒くさく放置気味。


Appendix B: Using the Windows Azure Service Management API から引用。
CNを変更すれば一目瞭然。-spは必須なのか、よくわからない。


makecert -r -pe -a sha1 -n "CN=Windows Azure Authentication Certificate" -ss My -len 2048 -sp "Microsoft Enhanced RSA and AES Cryptographic Provider" -sy 24 testcert.cer

きちんと、管理しましょう。