読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Node.js Tools for Visual Studio

Visual Studio 2012/2013向けのNode.js Toolsがリリースされました。現在、1.0 Alphaとなっており、正式リリースというわけでは無いようです。

インストール

CodePlexから拡張インストーラをダウンロードし実行します。

f:id:StateMachine:20131129234854p:plain
f:id:StateMachine:20131129234907p:plain
f:id:StateMachine:20131129234914p:plain
f:id:StateMachine:20131129234918p:plain

特に問題なくインストールされるでしょう。

プロジェクト作成

プロジェクトテンプーレトは、Javascript配下に存在します。テンプレートは6つ。

  • Form Existing Node.js code
  • Blank Node.js Console Application
  • Blank Express Application
  • Blank Windows Azure Node.js Application
  • Blank Windows Azure Express Application

f:id:StateMachine:20131129235028p:plain


よくあるサンプルとして、Node.js Web Application を選択してみます。デフォルトのコードは以下の通り。

var http = require('http');
var port = process.env.port || 1337;
http.createServer(function (req, res) {
    res.writeHead(200, { 'Content-Type': 'text/plain' });
    res.end('Hello World\n');
}).listen(port);


プロジェクトは以下の通り。

f:id:StateMachine:20131129235600p:plain



普通に実行すると、IEが立ち上がりWebサーバーが実行できてきるのが確認できます。
f:id:StateMachine:20131129235351p:plain


ブレイクポイントも設定できます。設定後IEをリロードすれば、以下の通り。変数等も確認できるようです。
f:id:StateMachine:20131129235600p:plain


と、今日のところはここまで。