読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Android の Intel エミュレーターを設定する

前回ちょっと触れましたがAndroid における、Intel エミュレーションの設定など。

設定は、SDK Managerから行います。なので、Eclipseの下矢印のアイコンをクリックして、SDKマネージャーを起動します。

f:id:StateMachine:20140124164702p:plain

初回起動時は、アップデートがあったりするので適宜更新するといい感じでしょう。

SDK Managerは以下の通りです。

f:id:StateMachine:20140124164853p:plain

ダウンロード

例えば、Android 4.4.2 を展開すると、

が確認出来ると思います。次に、下の方のExtrasを展開すると、

が確認できると思います。これら2つをチェックしてダウンロードします。

注意なのですが、Windows 8.1ではここからダウンロードしたものを使うとBSODブルースクリーン)になります。 以下から、ダウンロードしたものを使えば問題ないっぽいです。

設定

SDKマネージャ経由でダウロードした、HAXMは、sdk\extras\intel... に格納されるので、それを実行します。直接ダウンロードした場合は、この限りではありませんが。

intelhaxm.exe をクリックします。Next連打でインストールしましょう。(再起動を要求されたかもしれませんが、忘れた)

f:id:StateMachine:20140124170020p:plain

設定が終わったら、新しいデバイスを作成してみましょう。以下のように、CPU/ABIにIntel Atomが選択できるようになっていればOKです。

f:id:StateMachine:20140124170527p:plain

起動してみると、心なしか時間が短くなっている気がします、体感30秒くらい

f:id:StateMachine:20140124170753p:plain

Intelでは出来ないこともあるらしいのですが、まだ不勉強でよく分かってません。

では。