読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Visual Studio Code を試す

Visual Studio の簡易エディタ的な、Visual Studio Codeが発表されたので触った感触など。Windowsはもちろん、Mac、Linuxで動作するという優れものです。

以下が本家のサイトです。ここから情報を取得できます。

https://code.visualstudio.com/

f:id:StateMachine:20150507165117p:plain

今回検証した環境は、Hyper-V配下のUbuntu Desktop 14.04 LTS です。ちなみに、 VS Codeは、64bit版のバイナリのみの配布のようですので、OSも64bitにしましょう。

ダウンロード&インストール

上記URLからダウンロードするとZIPファイルが取得できます。適当に任意のフォルダに展開してパスを設定します。

展開したフォルダは以下のような感じです。余談ですが、展開されたフォルダをたぐっていくとJavaScriptファイルが多数みてとれます。Visual Studio Online "Monaco"由来のようです。

$ unzip VSCode-linux-x64.zip -d VSCode 
$ cd VSCode
$ ls -al
total 109952
drwxrwxr-x 4 moris moris     4096 May  7 17:07 .
drwxr-xr-x 4 moris moris     4096 May  7 21:08 ..
-rwxrwxr-x 1 moris moris 11224136 Mar 29 13:50 Code
-rw-rw-rw- 1 moris moris   869779 Apr 28 14:37 Credits_41.0.2272.76.html
-rw-rw-rw- 1 moris moris   122259 Apr 28 14:37 ThirdPartyNotices.txt
-rw-rw-r-- 1 moris moris  8437142 Mar 29 13:17 content_shell.pak
-rw-rw-r-- 1 moris moris 10457856 Mar 29 13:17 icudtl.dat
-rw-rw-r-- 1 moris moris 76984472 Mar 29 13:50 libchromiumcontent.so
-rw-rw-r-- 1 moris moris  2496440 Mar 29 13:50 libffmpegsumo.so
-rw-rw-r-- 1 moris moris   520152 Mar 29 13:50 libgcrypt.so.11
-rw-rw-r-- 1 moris moris    31256 Mar 29 13:50 libnotify.so.4
-rw-rw-rw- 1 moris moris    10056 Apr 28 14:37 license.txt
drwxrwxr-x 2 moris moris     4096 May  7 15:08 locales
-rw-rw-r-- 1 moris moris   413533 Mar 29 13:17 natives_blob.bin
drwxrwxr-x 3 moris moris     4096 May  7 15:08 resources
-rw-rw-r-- 1 moris moris   985220 Mar 29 13:17 snapshot_blob.bin

起動

Code が実行ファイルです。fileするとバイナリってなってますん。

$ file Code
Code: ELF 64-bit LSB  executable, x86-64, version 1 (SYSV), dynamically linked (uses shared libs), for GNU/Linux 2.6.24, BuildID[sha1]=176e777a52b1683e73d2eb69527b98ddaebc5e6f, stripped

適当に実行してみるとVS Codeが起動します。

$ ./Code .

f:id:StateMachine:20150507211609p:plain

何か編集してみる

とりあえずNodeのなんかを編集してみたいとおもいます。node.js と npm はインストーしてください。

$ sudo npm install -g express
$ sudo npm install -g express-generator
$ express myapp
$ cd myapp
$ npm install
$ node ./bin/www

上記でExpressのアプリのひな形を作成し実行してみます。Expressが起動すればOKです。

f:id:StateMachine:20150507212616p:plain

myappフォルダをVS Codeで開いてみます。jsファイルがコードハイライトされて表示されているのが確認できました。

f:id:StateMachine:20150507212919p:plain

所々で補完も効きます。

f:id:StateMachine:20150508101504p:plain

デバッグ

デバッグには、launch.jsonファイルと、mono 3.10.0 以上が必要です。launch.jsonは、.settings配下に存在するので、F5を押せばデバッグ開始ですが、環境によっては以下のようにエラーがでるでしょう。

f:id:StateMachine:20150508110213p:plain

stackoverflowにも書かれていますが、

stackoverflow.com

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys 3FA7E0328081BFF6A14DA29AA6A19B38D3D831EF
echo "deb http://download.mono-project.com/repo/debian wheezy main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/mono-xamarin.list
sudo apt-get update
sudo apt-get install mono-complete
mono --version

で、さくっと最新版(この時点で、4.0.1) が入ります。

ちなみに、.setting/launch.json は以下です。

{
        "version": "0.1.0",
        // List of configurations. Add new configurations or edit existing ones.
        // ONLY "node" and "mono" are supported, change "type" to switch.
        "configurations": [
                {
                        // Name of configuration; appears in the launch configuration drop down menu.
                        "name": "Launch app.js",
                        // Type of configuration. Possible values: "node", "mono".
                        "type": "node",
                        // Workspace relative or absolute path to the program.
                        "program": "app.js",
                        // Automatically stop program after launch.
                        "stopOnEntry": true,
                        // Command line arguments passed to the program.
                        "args": [],
                        // Workspace relative or absolute path to the working directory of the program being debugged. Default is the current workspace.
                        "cwd": ".",
                        // Workspace relative or absolute path to the runtime executable to be used. Default is the runtime executable on the PATH.
                        "runtimeExecutable": null,
                        // Environment variables passed to the program.
                        "env": { }
                },
                {
                        "name": "Attach",
                        "type": "node",
                        // TCP/IP address. Default is "localhost".
                        "address": "localhost",
                        // Port to attach to.
                        "port": 5858
                }
        ]
}

ふたたびデバッグを試してみると、以下のような感じでBreakpointを設定してデバッグできたりしました。

f:id:StateMachine:20150508110114p:plain

雑感

  • VSの利用領域が広がるのはいい感じですが、久しくLinux(Unix) のデスクトップを使っていないので、どうなんでしょう。Macな人にとってはWelcomeなんでしょうか。
  • Hyper-V配下で実行したんですが、エディタでマウスのスクロールボタンがうまく動きませんでした。他のアプリではキチント動作していたので、VS Code固有の問題でしょうか?
  • やっぱEmacsキーバインディングが欲しい。キーバインディング含む、設定情報はすべてJSONで定義されてるので、がんばってカスタマイズすれば対応できるかもしれませんが、編集はEmacs + OmniSharpでいいのではないかという気も。