読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Power BI SDK Java

Power BI SDKは以下のものがGitHubで公開されています。

JavaScriptはEmbeddedするさいに利用するクライアントサイドで必要なもので、C# SDK は Embedded を操作するものやらASP.NETのヘルパーやらが用意されています。

C# SDKにふくまれる sdk/PowerBI.Api の部分はEmbeddedを操作するREST APIのラッパとなっています。これは、ご多分に漏れずAutoRestによるSwagger.jsonからの自動生成となっています。

入り用があったので、これをJava向けに自動生成しなおし+αしたものを、以下に置いておきました。

github.com

READMEにも書いておきましたので特に補足することはないのですが、

JWTの生成や、

PowerBIToken token = PowerBIToken.CreateReportEmbedToken(
    workspacename, 
    workspaceId, 
    reportId, 
    username, 
    null);
String jwt = powerbitoken.Generate(accessKey);

Embeddedのリポートへのアクセスができます。 一部のクラスしか試してないので、すべて動作するかは確認できていません。

TokenCredentials creds = new TokenCredentials("AppKey", key);
PowerBIClient client = new PowerBIClientImpl(creds);

ServiceResponse<ODataResponseListWorkspace> workspaces = client.getWorkspacesOperations()
                .getWorkspacesByCollectionName("<<collection name>>");

for (Workspace ws : workspaces.getBody().getValue()) {
    System.out.printf("%s\n", ws.getWorkspaceId());
    ServiceResponse<ODataResponseListReport> reports = client.getReportsOperations().getReports(collectionName,
                ws.getWorkspaceId());
    for (Report report : reports.getBody().getValue()) {
        System.out.printf("  %s\t%s\t%s\t%s\n", report.getName(), report.getId(), report.getEmbedUrl(), report.getWebUrl());
    }
}         

AutoRestのバージョンが古い(1.6)なので、ちょっと使いにくいクラス群が生成されますが、時間があれば最新で生成し直してみたいと思います。(C#も1.6で生成されているので、そこは会わせました)