読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Storage SDKを使ってSAS付きBLOBに書き込みする

久しぶりにBLOBのSAS(share access sigunature : 共有アクセス署名)を使っていたら、色々忘れてたので備忘録。SASについては、以下にまとめられています。

共有アクセス署名:SAS モデルについて | Microsoft Azure

前回の記事では、UploadをREST APIでやっていた訳なのですが、普通にSDKを使っても同じことができます。逆に前回 なぜ REST API を使ったのかが思い出せません。

statemachine.hatenablog.com

以下、BLOBに対してSASを取得してから、SDKから上書きする例です。SAS Tokenは、 StorageCredentials への引数としてあたえることができ、CloudBlobStorageインスタンスを作成するときに、そのCredentialを渡すことで、 CloudBlockBlob インスタンスを作成しています。

    ...
    ...
    var sas = blob.GetSharedAccessSignature(new SharedAccessBlobPolicy()
    {
       SharedAccessStartTime  = DateTime.UtcNow.AddMinutes(-5),
       SharedAccessExpiryTime = DateTime.UtcNow.AddMinutes(+5),
       Permissions = SharedAccessBlobPermissions.Write | SharedAccessBlobPermissions.Read
    });

    Console.WriteLine (blob.Uri.AbsoluteUri);
    Console.WriteLine (blob.Uri.AbsoluteUri + sas);

    
    var creds2 = new StorageCredentials(sas);
    var blob2 = new CloudBlockBlob(blob.Uri, creds2);
    blob2.UploadFromFile(@"hoge.jpg", FileMode.Open);

}

credential 作成できなくても、SAS付きのURIをざっくり渡しちゃうのでもOKみたいです。

   var blob2 = new CloudBlockBlob(new Uri(blob.Uri + sas2))

みたいな。といわけで、ポイントはStorageAccountインスタンスは作らなくても良いというところでしょうか。