Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

最近のAzure Client SDK事情 Java編

Azure storage SDK for java V10 (その1) - Azureの小ネタ (改) で言及したように、V8から大幅変更されたV10がリリースされてから約一年たちましたが、V10系(現在はV11)の失敗を認めて、V12系を新規に立ち上げるようです。

V10を試してみたとき使いにくいSDKだなとは思っていたのですが、 こんな Issue まで立てられるしまつ。 This API is useless (v10) · Issue #432 · Azure/azure-storage-java

そして以下のようなリリースを見つけました。(この記事執筆時点で5 days ago なので、そこそこ早く見つけた感)

azure-storage-java/V12 Upgrade Story.md at master · Azure/azure-storage-java

そもそもV8では

そのそもV8ではBlob/Queue/Tableなどすべての機能が入っておりフィットプリントの大きさや、スレッドセーフ、オブジェクトの不変性、同期APIベースなどが問題になりV10への移行が決定したわけですが、V10では少々やり過ぎて、ホントにREST APIに薄い皮が被ったラッパーAPIと化した感じでしたし、非同期APIしかなかったし。

V10になって

先ほどの文書を多少意訳しますと以下のような感じです。

  • 大規模なアプリでのネットワーク不安定 Rx-Netty実装の結果
  • 同期APIの非サポート
  • 扱いにくく、直感的でな設計(クラス)
  • 利便性の欠如(まあ、SDKは便利なAPIをサポートしてなんぼという気もしますが、コンテナのexistsメソッドもなかったですし)

V12では

V12ではこれらを反映して、同期、非同期の両APIサポート、フレームワークライブラリ変更(RxJavaからReactor、okhttp から Reactor-Netty などなど。

その他、色々と反省の弁が書かれていますので、ぜひご一読を(Google翻訳で普通に読める感じに翻訳されますw)

ライブラリは既に公開されていますので、例によってコンテナ作ってファイルをアップロードするサンプルの破片など。名前空間は、com.azureに変更されてます。MavenのGroupIdもcom.microsoft.azureからcom.azureへ。

SharedKeyCredential creds = new SharedKeyCredential(accountName, key);
        
        StorageClient client = new StorageClientBuilder()
                .credential(creds)
                .endpoint("https://" + accountName + ".blob.core.windows.net").buildClient();

        ContainerClient containerClient = client.getContainerClient("hoge");
        if (containerClient.exists().value() == false) {
            containerClient.create();
        }

        BlockBlobClient blobClient = containerClient.getBlockBlobClient("blob.txt");
        blobClient.uploadFromFile("c:/temp/a.pdf");

ちなみに、V8系, V10系はともにメンテナンスは継続されるとのこと。ではでは。

[追加]

ソースのありか。READMEにサンプルが書かれてます。

azure-sdk-for-java/sdk/storage/azure-storage-blob at master · Azure/azure-sdk-for-java · GitHub

最近のAzure Client SDK事情

更新をサボっている間に、Azure Storage SDK for .NET の V11がリリースされていました。NuGet Gallery | Microsoft.Azure.Storage.Blob 11.0.0、現時点でリリースノートを見つけられないので、Breaking Changesがあったのかは不明です。特に変わってないようですが。

また、並行して 12.0 が preview されております。NuGet Gallery | Azure.Storage.Blobs 12.0.0-preview.1 こちらはがっつりパッケージ名、名前空間、APIが変わっている感じです。

最近は、 Azure/azure-sdk: Azure SDK Client SDKのガイドラインなども公表されており、この流れにそって各言語のSDKが再デザインされるような流れになっているのかもしれません。

細かい話は以下なども参考に。

今まで(11.0)

例えばいままでの有り触れたBlobへのファイルアップロードコードです。やっていることと言えば、

  • アカウント名とキーからクレデンシャルを作成
  • それを元にアカウントオブジェクトからのBlobClientを作成
  • なければコンテナ作って
  • Blobへのリファレンスオブジェクト作って
  • ファイルをアップロードすると。UploadメソッドもFromFileやらFromStream、FromByteArray などいくつか用意されていました。
   var creds = new StorageCredentials(name, key);
   var account = new CloudStorageAccount(creds, useHttps: true);
   var client = account.CreateCloudBlobClient();

   var contaier = client.GetContainerReference("container");
   contaier.CreateIfNotExists();
   var blob = contaier.GetBlockBlobReference("blob.txt");
   blob.UploadFromFile(@"c:\some.txt");

※ 書きようによってはもっと違う書き方もできますけど一例ということで。

これから (12.0-preview)

12.0 preview ですと、また名前空間が Azure.Storage.Blobsに変わってます。またコードもザクと変わってます(一例ですが)

  • CloudStorageAccountが無くなった
  • CloudBlobClientも無くなった
  • 例えばUploadなんかは、Streamしか引数を取ってくれない(ユーティリティ的なメソッドなし)
  • 代わりに生レスポンスが受け取れる
    var creds = new StorageSharedKeyCredential(accountName, key);
    var container = new BlobContainerClient(new Uri($"https://{accountName}.blob.core.windows.net/clientTest"), creds);
    Response<ContainerInfo> res = container.Create();

    // 生レスポンスが取れる
    // res.GetRawResponse().ClientRequestId;
    // res.GetRawResponse().Headers
    // res.GetRawResponse().ReasonPhrase;
    // res.GetRawResponse().Status;
    // res.GetRawResponse().ContentStream;

    // ContanierInfo
    // res.Value.ETag;
    // res.Value.LastModified;

    BlobClient blob = container.GetBlobClient("blob.txt");
    using (var stream = File.OpenRead(@"c:\some.txt"))
    {
        Response<BlobContentInfo> res2 = blob.Upload(stream);
    }

レスポンスなどに興味のある方は以下のリファレンスを参照してください。

Response Struct(Azure)-Azure for .NET開発者| Microsoft Docs

ContainerInfo Class (Azure.Storage.Blobs.Models) - Azure for .NET Developers | Microsoft Docs

何度目ですか?って思うくらいの大幅変更です。対応言語も増えましたし、はやり廃りもありますから、ライブラリの設計って難しいですね。 そいえば以前、Storage SDK for Java が先行して新しいSDKを出していましたが、似たような感じになっていくのかもしれません。 Azure storage SDK for java V10 (その1) - Azureの小ネタ (改)

ずっと流れを追っていれば変遷も分かるのですが、初学者はとっつきにくくなっている気もします。

以上

Azure Storage SDK for .NET の V10が出ました

Azure Storage SDK for .NET の V10がリリースされました。(JavaのV10とは無関係です)

github.com

Breaking changeとして、名前空間変更があります。

例えば、V9 で BLOBを参照すると以下のような、WindowsAzure が未だに入っていましたが、

using Microsoft.WindowsAzure.Storage;
using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Auth;
using Microsoft.WindowsAzure.Storage.Blob;

V10になり、単にAzureに置き換えられました。

using Microsoft.Azure.Storage;
using Microsoft.Azure.Storage.Auth;
using Microsoft.Azure.Storage.Blob;

本記事執筆時の3日前ほどにリリースされたようです。4/6くらいでしょうか。

www.nuget.org

相変わらずTable API は無くなったままでCosmosDBのを使え的な感じですけど、問題ないんだっけ?

おわり