読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Azure PowerShell で仮想マシンV2を作成する

Azure PowerShellで、仮想マシン V2を作成してみます。現在のAzure PowerShellには、

  • サービスマネジメントモード(ASM)
  • リソースマネージャーモード(ARM)

の2つがあります。

それらの切り替えは、Switch-AzureMode コマンドレットで行いますが、以下の通り今後廃止予定です。 現状は、同じ名前で動きが異なるコマンドがあったりして、色々混乱したりしているので、モードを統合しつつ、一部コマンド名が変更されるような感じみたいです。

PS C:\> Switch-AzureMode -Name AzureResourceManager
警告: The Switch-AzureMode cmdlet is deprecated and will be removed in a future release.

VMイメージの取得

ASMでは Get-AzureVMImage で一覧がでますが、ARMのGet-AzureVMImageでは一覧がでません。 そしてARMのVMイメージには、

  • Publisher name
  • SKU
  • Version

と属性があるので、これらを指定しないと最終的なイメージ名を取得できません。(もっと楽チンな方法がないものですかね?)

結論から言うと、以下のように指定すればWindows Server 2012 R2のイメージが取得できます。

Get-AzureVMImageDetail -Location "West US" `
   -PublisherName "MicrosoftWindowsServer" `
   -Offer "WindowsServer"-Skus "2012-R2-Datacenter" -Version "4.0.201504"

とはいえ、Publisher name /SKU/Version ってどうやって取得するですか?何があるんですか?という感じです。これらを取得するには、別のコマンドレットを使います。

Publisher Name

Publisher name は、Get-AzureVMImagePublisherコマンドレット使います。多数表示されますので、Microsoftに限って表示すると以下のようになります。引数にはLocationが必要です。Locationの空白は削除しても構いません(ソースみるとそうなってました)

> Get-AzureVMImagePublisher -Location japanwest | Where-Object { $_.PublisherName -like "Microsoft*" } | Ft publishername

PublisherName
-------------
Microsoft
Microsoft.Azure.Applications
Microsoft.Azure.Backup.Test
Microsoft.Azure.Diagnostics
Microsoft.Azure.Extensions
Microsoft.Azure.RecoveryServices
Microsoft.Azure.Security
Microsoft.Azure.Security.Internal
Microsoft.Azure.ServiceFabric.Test
Microsoft.Azure.WindowsFabric.Test
Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoring
Microsoft.AzureCAT.AzureEnhancedMonitoringTest
Microsoft.Compute
Microsoft.EnterpriseCloud.Monitoring
Microsoft.EnterpriseCloud.Monitoring.Test
Microsoft.HpcCompute
Microsoft.HpcPack
Microsoft.OSTCExtensions
Microsoft.Powershell
Microsoft.Powershell.Internal
Microsoft.Powershell.Internal.Telemetry
Microsoft.Powershell.Test
Microsoft.SqlServer.Managability.IaaS.Test
Microsoft.SqlServer.Management
Microsoft.SystemCenter
Microsoft.VisualStudio.Azure.RemoteDebug
Microsoft.VisualStudio.Azure.RemoteDebug.Json
Microsoft.Windows.AzureRemoteApp.Test
Microsoft.Windows.RemoteDesktop
Microsoft.WindowsAzure.Compute
MicrosoftAzureSiteRecovery
MicrosoftBizTalkServer
MicrosoftDynamicsAX
MicrosoftDynamicsNAV
MicrosoftHybridCloudStorage
MicrosoftSharePoint
MicrosoftSQLServer
MicrosoftVisualStudio
MicrosoftWindowsServer
MicrosoftWindowsServerEssentials
MicrosoftWindowsServerHPCPack
MicrosoftWindowsServerRemoteDesktop

Offer

Offerは同じく、Get-AzureVMIMageOfferです。Location/PublisherNameを指定する必要があります。

> Get-AzureVMImageOffer -Location japanwest -PublisherName MicrosoftWindowsServer

Id            : /Subscriptions/46dbdb18-c1c7-47e6-a66a-a1984c7a8372/Providers/Microsoft.Compute/Locations/japanwest/Publishers/MicrosoftWindo
                wsServer/ArtifactTypes/VMImage/Offers/WindowsServer
Location      : japanwest
PublisherName : MicrosoftWindowsServer
Offer         : WindowsServer

SKU

同じくSKUは、Get-AzureVMImageSku コマンドレットで。

Skus
----
> Get-AzureVMImageSku -Location japanwest `
-PublisherName MicrosoftWindowsServer -Offer WindowsServer | ft Skusc

2008-R2-SP1
2012-Datacenter
2012-R2-Datacenter 
Windows-Server-Technical-Preview 

詳細

ようやく、PublisherName/Offer/SKUが分かったところで、Get-AzureVMImage すると、詳細が出てきます。3つのバージョンがあることが分かります。

> Get-AzureVMImage -Location japanwest -PublisherName MicrosoftWindowsServer -Offer WindowsServer -Skus 2012-R2-Datacenter

Id               : /Subscriptions/46dbdb18-c1c7-47e6-a66a-a1984c7a8372/Providers/Microsoft.Compute/Locations/japanwest/Publishers/MicrosoftWi
                   ndowsServer/ArtifactTypes/VMImage/Offers/WindowsServer/Skus/2012-R2-Datacenter/Versions/4.0.201503
Location         : japanwest
PublisherName    : MicrosoftWindowsServer
Offer            : WindowsServer
Skus             : 2012-R2-Datacenter
Version          : 4.0.201503
FilterExpression : 

Id               : /Subscriptions/46dbdb18-c1c7-47e6-a66a-a1984c7a8372/Providers/Microsoft.Compute/Locations/japanwest/Publishers/MicrosoftWi
                   ndowsServer/ArtifactTypes/VMImage/Offers/WindowsServer/Skus/2012-R2-Datacenter/Versions/4.0.201504
Location         : japanwest
PublisherName    : MicrosoftWindowsServer
Offer            : WindowsServer
Skus             : 2012-R2-Datacenter
Version          : 4.0.201504
FilterExpression : 

Id               : /Subscriptions/46dbdb18-c1c7-47e6-a66a-a1984c7a8372/Providers/Microsoft.Compute/Locations/japanwest/Publishers/MicrosoftWi
                   ndowsServer/ArtifactTypes/VMImage/Offers/WindowsServer/Skus/2012-R2-Datacenter/Versions/4.0.201505
Location         : japanwest
PublisherName    : MicrosoftWindowsServer
Offer            : WindowsServer
Skus             : 2012-R2-Datacenter
Version          : 4.0.201505
FilterExpression : 

ここまでやって冒頭の、Get-AzureVMImageDetailにたどり着きます。

ちなみにUbuntu の 14.04-LTS は以下のとおりです。

Get-AzureVMimage  -Location japanwest `
-PublisherName canonical -Offer UbuntuServer -Skus 14.04.2-LTS

リソースグループの作成

ARMでは、個々のリソースはリソースグループ単位に管理されるので、まずはリソースグループを作成します。

> New-AzureResourceGroup -Name testrg -Location japanwest
詳細: 15:21:48 - Created resource group 'testrg' in location 'japanwest'

ResourceGroupName : testrg
Location          : japanwest
ProvisioningState : Succeeded
Tags              : 
Permissions       : 
                    Actions  NotActions
                    =======  ==========
                    *                  
ResourceId        : /subscriptions/xxxx-xxxx-xxx-xxxx/resourceGroups/testrg

リソースの作成

リソースグループの作成が終わったら、個々のリソースを作成していきます。作成するリソースは前回と同様最小限。

  • パブリックIP
  • 仮想ネットワーク
  • ネットワークアダプター
  • ストレージアカウント
  • 仮想マシン

パブリックIP

パブリックIPは、New-AzurePublicIpAddress コマンドレットで作成します。DomainLabelとLocationががURLの一部になります。

$ip = New-AzurePublicIpAddress -ResourceGroupName testrg -Location japanwest `
         -Name myPublicIp -AllocationMethod Dynamic -DomainNameLabel bobobo119

上記の場合ですと

bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com

となります。ドメインラベル必須ではないらしく、最初に失敗してなしで作成してしまいましたが、意味があるんでしょうか。独自ドメイン割り当てればいいんですかね?

仮想ネットワーク

仮想ネットワークは、New-AzureVirtualNetwork コマンドレットで作成しますが、個々のサブネットは、New-AzureVirtualNetworkSubnetConfig コマンドで定義してそれを指定します。

$subnet = New-AzureVirtualNetworkSubnetConfig -Name "Subnet-1" `
          -AddressPrefix "10.0.0.0/24"
$vnet   = New-AzureVirtualNetwork -ResourceGroupName testrg `
                -Location japanwest -Name "myVnet" -AddressPrefix "10.0.0.0/8" -Subnet $subnet$

ネットワークアダプター

ネットワークアダプターは、 New-AzureNetworkInterface コマンドレットで作成します。先程作成した仮想ネットワークから、サブネットオブジェクトを取り出して指定します。

$subnet = Get-AzureVirtualNetworkSubnetConfig -Name "Subnet-1" -VirtualNetwork $vnet
$nic = New-AzureNetworkInterface -ResourceGroupName testrg -Location japanwest `
           -Name "myNic" -PrivateIpAddress 10.0.0.10 -Subnet $subnet `
           -PublicIpAddress $ip

ストレージアカウント

ストレージアカウントは、New-AzureStorageAccount コマンドレットで作成します。以下、スタンダード LRSで作成した例。

 New-AzureStorageAccount -ResourceGroupName testrg -Location japanwest -Name bobobo119 -Type Standard_LRS

仮想マシン

最後に仮想マシンを作成します。ASMのNew-AzureVMと同様にVMの構成オブジェクトをパイプでつなげて作成していきます。

$creds = Get-Credential
$config = `
    New-AzureVMConfig -VMName myUbuntu -VMSize Standard_A1 |
    Set-AzureVMOperatingSystem -Linux -ComputerName myUbuntu -Credential $creds |
    Set-AzureVMSourceImage -PublisherName canonical -Offer UbuntuServer -Skus 14.04.2-LTS  -Version 14.04.201506100 |
    Set-AzureVMOSDisk -Name "ubuntuOsDisk" -CreateOption fromImage -Caching ReadWrite `
                      -VhdUri "https://bobobo119.blob.core.windows.net/vhds/OsDisk.vhd" |
    Add-AzureVMNetworkInterface -Id $nic.Id 

New-AzureVM -ResourceGroupName testrg -Location japanwest -VM $config -Name "myUbuntu"

SSHで接続

SSHは開いているので、あとはログインすればOKです。

$ ssh azureuser@bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com
The authenticity of host 'bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com (191.239.97.118)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is 89:05:a9:63:3f:15:ff:17:6c:3d:22:30:f2:45:9e:a3.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
Warning: Permanently added 'bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com,191.239.97.118' (ECDSA) to the list of known hosts.
azureuser@bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com's password:
Welcome to Ubuntu 14.04.2 LTS (GNU/Linux 3.16.0-40-generic x86_64)

ロードバランサーは構成していないので、直接インターネットにさらされていますのでご注意を。

$ ping bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com

bobobo119.japanwest.cloudapp.azure.com [191.239.97.118]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
191.239.97.118 からの応答: バイト数 =32 時間 =19ms TTL=52
191.239.97.118 からの応答: バイト数 =32 時間 =20ms TTL=52

補足

冒頭でも言ったとおり、現状のAzure PowerShellコマンドレットは大きく変わりそうです。以下のような警告が出たりしますので、この記事の賞味期限もそんなに長くないでしょう。

警告: The Name parameter of XXXX cmdlet will be deprecated in a future release of Azure PowerShell, because the functionality of Name parameter is obsolete.

参考

github.com

Creating Azure VMs with ARM PowerShell cmdlets - Cloud Solution Architect - Site Home - MSDN Blogs