読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Visual Studio から 仮想マシンV2を作成する

今回は、Visual Studio 2013 + Azure Tools で、Visual Studioから仮想マシンV2を作成してみます。最新のAzure Toolには、Azure リソースグループと呼ばれてプロジェクトを作成できるので、それをベースに行います。

プロジェクト作成

プロジェクトの作成から、Cloud を選択すると Azure リソースグループが表示されるので、これを選択します。

f:id:StateMachine:20150707162252p:plain

次にテンプレートの選択画面がでます。ここでは、予め用意されているUbuntu Serverを選びました。

f:id:StateMachine:20150707162348p:plain

プロジェクトの中身

プロジェクトの中身は、デプロイスクリプト、JSONテンプレート、そしてなぜかAzCopyが入っています。

f:id:StateMachine:20150707162517p:plain

デプロイ

デプロイは、プロジェクトを選択して、配置 → 新しい配置... を選択します。

以下のダイアログがでます。既存のリソースグループを指定するか、リソースグループを新規に作成します。

f:id:StateMachine:20150707163010p:plain

つぎに、パラメーターの編集をクリックしますと、このテンプレートで必要最小限必要なパラメータが要求されますので、適宜入力します。

f:id:StateMachine:20150707163053p:plain

これ以外の名前、ロケーションとかは、JSONテンプレートにすべてハードコーディングされています(前回のクイックテンプレートと同じですね)

したがって、仮想マシンV2、ストレージなどは、West USに作成されてしまいますので、ご注意を。

出力ウインドウにログがでますので、しばらく待っててください。

サーバーエクスプローラーからみると、仮想マシンが作成されているのが分かります。

f:id:StateMachine:20150707163224p:plain

VSのサーバーエクスプローラーは、仮想マシンV2に対応しているようです。名前からして、このJSONテンプレートは、クイックテンプレートと同じなのかもしれません。