読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Azureの小ネタ (改)

~Azureネタを中心に、色々とその他の技術的なことなどを~

Windows Azure for Java を試すよ その1

Windows AzureEclipseプラグインがアップデートされたようなので、検証してみました。Java 1.4、Eclipse 2.xの、ゆとり世代なので昨今の事情にはうといのですがめげずにがんばります。MSDNでは以下の辺りで触れられているので参考にしてください。この記事ではそれにならって、とりあえずは愚直に試してみます。

 

前提

プラグインセットアップ

ここでは、最近のEclipse日本語化事情がよくわからなかったので、3.7 のPleiades版を利用した。細かい話は、日本語化 - EclipseWikiの辺り参照。

[ヘルプ]‐[新規ソフトインストール]すると以下のダイアログが起動するので、作業場所に、http://dl.windowsazure.com/eclipse を指定して追加すると、プラグインインストールのセットアップが完了するので、次へ。

image 

インストールされるプラグインが表示されるので、次へ。

image

ライセンス確認がでるので、完了。

image

バックグラウンドでインストールされ、再起動を促されるので再起動で完了。

image

 

Hello Worldアプリの作成

EclipseでAzureのロールを作る前にハローワールド作ります。

[ファァイル]‐[新規作成] から、動的Webプロジェクト(Dyamic Web Project)を作成します。

image

プロジェクト構成は、デフォルトのままでしたが、以下。完了を押すと、プロジェクトが作成されます。

image

 

プロジェクトが作成されるので、WebContentフォルダのコンテキストメニューから、新規でJSPファイル(index.jsp)を作成。

image


index.jspには以下の内容。

<body>
<b>Hello World!</b>
</body>
</html>

 

Azureプロジェクトの作成

ようやう、Window Azureプロジェクトの作成です。以下のとおりWindows Azureプロジェクトを作成します。

image

プロジェクト設定画面が表示されるので、デフォルトで完了。SmallサイズのWorkerロールが作成されるようです。
編集や追加、削除などできます。

image

参考までに追加時のダイアログを列挙すると

image

Debbuging

image

エンドポイントの設定

image

おっと、ロードバランシングです。これについては別の機会に。

image

ローカルストレージ

image

環境変数。これは、VSにはない物ですね。

image

作成直後のプロジェクト構成

image

 

とりあえず、長くなったのでとりあえず一区切り。